Home > ごあいさつ

ごあいさつ

創立四十周年を迎えて

 富山県PTA親子安全会は、本年で創立四十周年を迎えました。「一人はみんなのために、みんなは一人のために」の創立精神を忘れる事なく、会員相互扶助の精神で、これからも事業を引継いでいきます。

 振り返りますと、昭和五十四年に発足しました富山県PTA親子安全互助会が最初の姿でした。当時、富山県PTA連合会では「たくましい子を育てよう」という目標を掲げて実践活動を展開しておりましたが、活動中の怪我や思わぬ災害の発生に心を痛めておりました。そこで、災害補償という大げさなことではなく、会員相互扶助の精神をもとにした見舞金制度の創設を求める意見が出され、互助会方式による見舞金制度が確立されました。

 その後、平成十八年四月に改正保険業法の施行、平成二十年十二月に公益法人改革三法の施行に伴い、平成二十四年十一月PTA共済事業の認可、平成二十五年三月公益財団法人の認定をうけ現在に至っております。具体的には、PTA活動中に万一不慮の災害に遭われた場合の見舞金の給付を軸に、安全教育研修会や講演会の開催、就学奨励金の給付、DVDなどの視聴覚教材の貸し出しなどを行っています。

 富山県においては、学校は地域社会の中心であり、PTA活動に対しては、親子・学校の先生・地域住民など、様々な方々が協力して取り組んでいただいております。これからも、心のよりどころである地域の学校を中心に、笑顔あふれるたくましい子供たちがすくすくと育ってくれるよう心から願っております。

 今後とも本会の設立精神を忘れることなく、PTA活動中の安全・安心を確保するために、役職員が一丸となって安全会活動に邁進してまいりますので、皆様のご理解を切にお願い申し上げます。

富山県PTA親子安全会
理事長  山本  均

Home > ごあいさつ

Return to page top